交通事故に注意

悩んでいる男子

交通事故で怪我をした場合は、病院に通院しながら完治するまで治療を受けるのが一般的です。しかし、残念ながら一定期間治療をしても完全には元の状態に戻らないことがあり、そのような状態を医学的には症状固定と言われています。 症状固定とは、これ以上治療しても回復の見込みがなく症状が固定してしまった状態を言います。 交通事故での保険会社の対応や法律上の賠償責任は症状固定までとなっている為、症状固定以降の残存した症状については後遺障害として申請することになります。 交通事故で後遺障害の申請をする場合、まずは後遺障害診断書というものを医師から書いてもらい、保険会社へ申請しなければいけません。 具体的な手続き方法については、保険会社へ相談しながら進めていくほうが良いでしょう。

交通事故での後遺障害認定は等級別になっています。 具体的には、一番程度の重い1等級から、最も程度の軽い14等級まであり、後遺障害の認定結果に応じて金銭的な補償を受けることになります。 但し、後遺障害申請の結果、症状は残存しているものの後遺障害の基準には該当せず非該当となるケースもあるので注意が必要です。 そうならない為には、医師に後遺障害診断書の記入を依頼する際に、現在残っている症状や部位は全て書いてもらうようにしましょう。 また、これまで受けたレントゲンなどの検査資料も必要になるので、症状がある部位については全てレントゲンやCTなどで検査をしてもらいましょう。 そして、万一結果が非該当だったり、決定した等級に不服がある場合は、自賠責保険では異議申立てと言う制度があり、再度審査をし依頼する制度もあります。